Event is FINISHED

スポーツの未来に僕たちができること @日報ホール(新潟日報メディアシップ)

Description


内閣の「日本再興戦略2016」「未来投資戦略2018」の中で、スポーツの市場規模を2012年の5.5兆円から、10年後(2025年)までに15兆円へ拡大することを示されました。これまでの体育的な価値観だけでは到底稼げるものではありませんが、プロスポーツが臨場感あふれる空間的エンターテイメントコンテンツとして提供し、さらにそこへ地域の人達が没入できる物語(ストーリー)を共有することができれば可能かもしれません。

Jリーグも、Bリーグもチームは地域名を入れており、地域の人たちとの関係性をより強くすることをとリーグとしても、クラブでも努力しています。これは地方創生が叫ばれる現在、共同体験を提供できるというスポーツの強みは、今後ますます高まっていくことが考えられます。

そんな地域の人達との物語を共有しながら経営者として活躍している、新潟県出身で千葉ジェッツふなばしの代表を務める島田慎二氏と、千葉県出身でアルビレックス新潟の代表を務める是永大輔氏お互いの顔を見て話すはじめての機会で、これからのエンターテイメント経営についての考えを聞き出したいと思います。


2月12日(火)19:30~21:30
(開場受付:18:50~)


日報ホール(新潟日報メディアシップ内)
http://niigata-mediaship.jp/hall/nippohall.php



スポーツは人が繋がる機会をつくれるはずだと考えています。

2018年9月に新潟を『地方都市』だからと諦めてしまうのではなく、行動を起こすことが大事だと考え、行動した結果、実際に開催するコトができました。

この動きを継続している目的は、新潟を『許容度の高い地域』にすることです。

『失敗することはカッコわるいのではなく、カッコいいことである』

そんな風に、なにかに向けて動く人がいたら、
応援し、背中を押す人が多い地域にすることは
新潟が、日本が、もっと活発になっていく大きな力になるのだと本気で考えています。

この活動の軸を、僕はスポーツにしました。

そして、スポーツが今よりも「よくなる」ためには、
実際に行動することが必要だと考えています。

一緒に行動をしてくれる人が出てくることを期待し、
共に創ってくれる人を募りたい。

だから継続しています。

毎回、すばらしい仕組みを作り上げ、
取り組めているわけではありません。

けど、行動を続けることによって、
動いてくださる方がいることを実感しています。

一緒にActionを起こしましょう。

[無名の個人だからAction×Action× Action]
https://note.mu/doen/n/nd25956d954e7?creator_urlname=doen





島田 慎二(しまだ しんじ)
株式会社千葉ジェッツふなばし 代表取締役社長

経営不振クラブを天皇杯3連覇、2年連続B.LEAGUE集客No.1クラブへと昇華させる改革を実現し、今もなお継続中!
(経歴)
1970年新潟県村上市生まれ。
日本大学卒業後、1992年株式会社マップインターナショナル(現・株式会社エイチアイエス)入社。

1995年に退職後、法人向け海外旅行を扱う株式会社ウエストシップを設立し、
2001年に同社取締役を退任。同年、海外出張専門の旅行を扱う株式会社ハルインターナショナルを設立し、2010年に同社売却。

同年にコンサルティング事業を展開する株式会社リカオンを設立。
2012年より現職。株式会社ジェッツインターナショナル代表取締役、
特定非営利活動法人ドリームヴィレッジ理事長、
公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)理事、

2017年9月より、Bリーグ副理事長(バイスチェアマン)就任。
2018年3月15日をもって同職退任。2018年3月19日、一般社団法人日本トップリーグ連携機構 理事就任。


是永 大輔 (これなが だいすけ)
株式会社アルビレックス新潟 代表取締役社長
アルビレックス新潟シンガポールの売上規模を50倍とし独立採算制クラブへ改革。2019年アルビレックス新潟社長へ!

(経歴)
1977年、千葉県千葉市生まれ。

日本大学芸術学部演劇学科卒業後、IT企業を経て、2008年Albirex Singapore PTE LTD CEOに就任。
赤字に苦しんでいたアルビレックス新潟シンガポールを親会社に頼らない独立採算へと舵を切り、
就任以降黒字経営を続け、売上規模も就任前と比較して50倍に拡大させた。

2018年9月、株式会社アルビレックス新潟専務取締役に就任。

2019年1月、株式会社アルビレックス新潟代表取締役社長に就任。

現在、シンガポール、ミャンマー、香港のアルビレックス代表も兼任している。



こちらのサイトからのみお申込みいただけます。
参加の方法としては、現地参加やWeb視聴(LIVE/アーカイブ可能)でお楽しみいただけます。

第三弾 @NaDeCBASE(長岡)の様子
https://youtu.be/UDprJ41GRm4

ゲスト
葦原 一正(B.LEAGUE事務局長)
上林 功(株式会社スポーツファシリティ研究所)
早川 貴章(新潟アルビレックスBB)
川合和志(長岡市アオーレ交流課)

【ご支援のお願い】
参加のお願いと同時に、この活動に対する支援も募集しております。
いただいた支援は、イベント経費へと充てさせていただきます。

どうか継続的な活動にするためにも、どうかご支援のほど、よろしくお願いいたします。
特に、Web配信については、クオリティを高いものを提供したく思っているのですが、それを考えると、それなりに費用が必要となります。
できる限り、ストレスのない状態で楽しんでいただきたいと考えておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

[polca]
https://polca.jp/projects/C1jaIBFMPvL

やむを得ずイベント参加をキャンセルする場合は、お早めにお願いします。


イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当方は責を負いません。

イベント会場内にて、イベントの進行に支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントのご参加をお断りすることがございます。

駐車券等はありません。大変恐縮ですが、駐車料金はご負担願います。

出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
交通機関のストライキ・遅延、天変地異など、やむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。

中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。

出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、Peatixのサービスを通じ、緊急に連絡を差し上げることがございます。

イベント当日のお席については、先着順で自由席となります。
※席指定のチケットを購入の方は、そちらへすわっていただけます。
やむを得ず、イベント出演者、内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

イベント会場内では #スポーツの未来に僕たちができること のハッシュタグをつけて投稿をしてください。

受付にて、お名前をお伝えください。


当日、メディアの取材が入ります。写真・映像にお客様が映り込む可能性がございますので、予めご了承の上、ご参加ください。

また、当日は記録用として写真・動画を撮影いたします。お客様が映り込む可能性がございます。予めご了承の上、ご参加ください。


下記メールアドレスまでお問合せください。ご返信に少々お時間をいただく可能性もございます。予めご了承ください。
メール:niigata.sbi@gmail.com
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#408700 2019-02-11 23:45:04
More updates
Tue Feb 12, 2019
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
現地参加(席の指定なし) SOLD OUT ¥3,000
Web視聴(LIVE/アーカイブ) SOLD OUT ¥1,500
現地参加(最前列の席へご案内) SOLD OUT ¥4,000
セミ早割チケット(座席指定なし)~2/8 23:59まで SOLD OUT ¥2,500
セミ早割チケット(座席指定なし)~2/10 23:59まで SOLD OUT ¥2,800
レポート枠(noteなど各種ブログサービス)※有料参加枠で申込みのうえ、選択ください。 FULL
早期申込割(席の指定はありません) SOLD OUT ¥2,000
レポート枠(noteなど各種ブログサービス)※参加枠を選択の上でお願いします。 FULL
Venue Address
新潟市中央区万代3丁目1−1 Japan
Organizer
新潟スポーツビジネスインスティテュート
144 Followers